産経ニュース

「大学、全世代向けに」生涯学べる社会目指す 教育再生実行会議が提言へ

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「大学、全世代向けに」生涯学べる社会目指す 教育再生実行会議が提言へ

 政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大総長)が4日に安倍晋三首相に提出予定の第6次提言で、全ての人が生涯学び続けられる社会を目指し、大学や専修学校に対して現行の若者中心から全世代向けのカリキュラムへの転換を求めることが1日、関係者への取材で分かった。大学で社会人向けコースを充実させることや、子育て中の高卒などの女性のための保育環境の整備などを促す。

 提言では、社会が目まぐるしく変化する中で、生涯を通して活躍していくためには、高校や大学までの知識では不十分と指摘。社会人になった後も、大学や専修学校で、新たな知識や技術を学び続けていく必要性を強調する。

 そのため、大学などには社会人向けのコースを充実させることを求め、国が積極的に支援するとしている。24時間いつでも学べるよう、放送大学には、スマートフォンでも視聴できる授業科目の開設を求める。

 「全員参加型社会」の実現へ向け、女性や高齢者の活躍支援も明記。大学などに対しては、女性の職場復帰や再就職の支援のほか、高校などを卒業後、子育てや介護に当たっている女性が生涯にわたって継続的に学べるよう、休学や在籍期間の弾力的な運用も促す。

「ライフ」のランキング