産経ニュース

着床前検査、臨床研究へ 産科婦人科学会が了承 流産2回以上対象

ライフ ライフ

記事詳細

更新


着床前検査、臨床研究へ 産科婦人科学会が了承 流産2回以上対象

 日本産科婦人科学会は28日、体外受精させた受精卵の染色体異常を調べる着床前スクリーニング(着床前検査)の臨床研究を正式に了承した。来年度にも開始する。流産を繰り返す女性を対象に、染色体異常がない受精卵を子宮に戻し、妊娠率が向上するかを3年かけて調べる。

 異常がない受精卵を選んで子宮に戻す着床前検査をめぐっては、異常を持つ子供が生まれる可能性が排除されるため「命の選別」につながるとの批判がある。苛原(いらはら)稔常務理事は「医学的に価値ある治療となれば、倫理的な問題についても検討していく」と述べた。

 臨床研究は流産を2回以上繰り返す女性と3回以上体外受精に不成功の女性が対象。受精卵の染色体異常を調べ、子宮に戻すのに適切かどうかふるい分ける。検査費用は原則として患者負担。300例検査し、検査しない300例より出産率が向上するか検証する。研究に参加する施設などは今後、決める。

 学会は特定部位の異常を調べる「着床前診断」は認めているが、流産を防ぐ目的で行う「着床前検査」は認めていない。今回は指針は変えず、臨床研究として有効性を検討する。

 ■着床前スクリーニング

 体外受精させた受精卵を子宮に戻す前に染色体の数の異常を検査し、異常のない受精卵だけを戻して出産を試みる技術。通常は受精卵が4~8分割した初期段階で1~2個の細胞を取り出し、染色体や遺伝子を調べる。

「ライフ」のランキング