産経ニュース

【話題の本】『東大合格生の秘密の「勝負ノート」』太田あや著

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話題の本】
『東大合格生の秘密の「勝負ノート」』太田あや著

『東大合格生の秘密の「勝負ノート」』太田あや著(文芸春秋・1200円+税)

 ■スマホ時代も基本は「書く」

 東大合格生は、入試本番直前に何を読み返したのか。著者の太田あやさんの取材によれば、教科書でも参考書でもなく、多くが自作の「勝負ノート」だったという。

 6年前のベストセラー『東大合格生のノートはかならず美しい』以来、累計50万部のシリーズ第3弾。今回は、受験会場に持参する「勝負ノート」に焦点を絞り、それを自ら生み出す勉強法から「つくり方」まで、実例をもとに解説している。

 勝負ノートは2タイプあり、授業の板書をベースに知識を整理してゆく「授業復習型」と、テストで間違えた部分など弱点をまとめた「問題復習型」。いずれも、苦手を効率良く克服するために編み出された知恵の結晶だ。目標に向けていま何をすべきかを把握する「逆算力」、やると決めたらやる「遂行力」は、社会に出たときにさらに生かされるだろう。

 「最近はスマートフォンのアプリなどで勉強する“スマ勉”なんて言葉もあるようですが、やっぱり勉強の基本はノートです」と担当編集者。板書をスマホ撮影する大学生が増えているそうだが…。ちなみに『東大合格生が小学生だったときのノート』(講談社)も3月19日刊行予定。(文芸春秋・1200円+税)

 黒沢綾子

「ライフ」のランキング