産経ニュース

【歴史の交差点】明治大特任教授 山内昌之 「ふりかえれば未来」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【歴史の交差点】
明治大特任教授 山内昌之 「ふりかえれば未来」

 戦国時代までの日本人は未来に背を向け過去と向き合う姿勢で時間を認識していたようだ。しかし現代人には、先人から伝えられた「サキ」(過去)の経験を「アト」(未来)の人びと(子孫)に伝えるという反省と並んで、別に大事な歴史の使命がある。現代人は、後ずさりしながら未来へ入ってゆくのではない。仮に歴史を「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と考えるなら、20世紀をふりかえって見えるのは、21世紀へのビジョンでもあろう。「ふりかえれば未来」という観点こそ、現代人による歴史解釈の基本になるはずである。(やまうち まさゆき)

「ライフ」のランキング