産経ニュース

【書評】『響きあう身体 「気」の自然観・瞑想法・占術』

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
『響きあう身体 「気」の自然観・瞑想法・占術』

『響きあう身体 「気」の自然観・瞑想法・占術』

 ■「気」の思想を多角的に

 「いい天気ですね。お元気ですか」など、「気」ほどよく使う言葉はない。「元気」は、前2世紀の中国の『淮南子(えなんじ)』によると、万物生成の精気である。元気の「清陽なる者は、薄靡(はくび)して天と為(な)り、重濁なる者は、滞凝(たいぎょう)して地と為る」とある。この文がそのまま『日本書紀』冒頭の天地生成神話に引用されている。

 本書では中国思想を貫く「気」が縦横に読み解かれる。著者は日本道教学会会長を務めた、道教研究の第一人者であり、長年の思索の集大成である。老荘思想・漢方医学・天人(てんじん)相関説・鍼灸(しんきゅう)・瞑想(めいそう)法・内丹術・占術・風水、さらには宗族(そうぞく)集団の問題など、考察の射程は驚くほど広い。しかもそれは文献資料の正確な検証とフィールドワークによる調査に支えられている。

 著者によれば、気は宇宙に充満し、始めも終わりもなく連続し、分割できない。生命体も非生命体も気から成り、その凝集と分解・拡散は絶えず繰り返される。この特色は伝統的な西洋思想とかなりの隔たりがあると言えよう。

 著者が特に強調するのは、天の気と地の気が一つのものであり、宇宙間に充満する気が「感応しあう、感じあう」ということである。これは自然と人間、人間の心と身体、また身体内の各部分が「響きあう」ことを意味する。道教の瞑想法や気功、漢方医学や鍼灸もこの原理に基づいて成立しうる。本書は、宇宙と、小宇宙たる人間の感応、つまり「天人感応(かんのう)」のさまざまな位相を、豊富な典籍を渉猟(しょうりょう)して解明してくれる。

「ライフ」のランキング