産経ニュース

【書評】『ヒマラヤ探検史 地勢・文化から現代登山まで』

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
『ヒマラヤ探検史 地勢・文化から現代登山まで』

『ヒマラヤ探検史 地勢・文化から現代登山まで』

 最も高い山々によって形成されるヒマラヤ山脈。前人未到だった天険の地に人類が挑む様子を、研究者や登山家、作家が時系列で記していく。エベレストをはじめとする高峰への登山が本格的に始まったのは19世紀末。登山家らは試行錯誤を重ねながら、次々に頂を制していった。体験を知識とし、新しい道具や技術を得て、より高くより険しい場所へ…。〈偉大な取り組みというのは人間の潜在能力を高めてくれるものだ。それこそがヒマラヤの歴史であり、この先もそうあり続けるに違いない〉(ピーター・ヒラリー)。写真や図版、地図なども多数掲載されている。(フィリップ・パーカー編、藤原多伽夫訳/東洋書林・4500円+税)

「ライフ」のランキング