産経ニュース

【書評】『とことん自転車』鶴見辰吾著       

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
『とことん自転車』鶴見辰吾著       

『とことん自転車』

 著者は40歳を目前にして突然、クルマやバイクをあっさりと手放し、嫌いだった自転車に乗るようになった。その後「自転車名人」に任命され、自転車仲間の集まり「LEGON」を結成し、海外にも“自転車持参”で出かけるように。どうしてそんなことになったのか、自転車の何がどう面白いのか、を熱く語る一冊。自身の経験をもとにしたパーツやグッズの選び方など、自転車を楽しむためのノウハウを披露。北海道から九州まで、おすすめのサイクリングコース10ルートも。初心者は「1日に100キロ」を最初の目標にするのがいいそうだけれど…やってみる?(小学館新書・720円+税)

「ライフ」のランキング