産経ニュース

【皇室ウイークリー】(371)両陛下、福島県民へねぎらいや激励のお言葉 愛子さま、学習院女子中等科の百人一首大会で約40枚を取るご活躍

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【皇室ウイークリー】
(371)両陛下、福島県民へねぎらいや激励のお言葉 愛子さま、学習院女子中等科の百人一首大会で約40枚を取るご活躍

カタールのタミム首長との午餐に臨まれる天皇陛下=20日、皇居・宮殿「連翠」(代表撮影)

 天皇陛下は17日、皇居・宮中三殿で「祈年祭の儀」に臨まれた。祈年祭は、宮中祭祀(さいし)で最重要とされる11月23日の新嘗祭(にいなめさい)と対をなすもので、新嘗祭で稲などの収穫を神々に感謝し、祈年祭では新たな年の豊作を祈願するという。儀式では、陛下に続いて皇太子さまが拝礼された。

 天皇、皇后両陛下は19日、皇居・御所に福島県の内堀雅雄知事を招き、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興状況について説明を受けられた。県によると、3月11日で発災から丸4年となるのを前に現状を聞きたいとの両陛下のお気持ちが伝えられ、内堀知事が復興イベントで上京予定だったこの日に日程が組まれたという。

 内堀知事によると、両陛下は約1時間、資料をめくりながら丁寧に話を聞かれた。震災後にお見舞いなどで訪問された町の様子、仮設住宅での暮らしぶり、風評被害などを克服する農家らの状況などについて質問を重ねられたといい、内堀知事は「避難者、子供たちの状況を非常に気にかけ、県民へのねぎらいや激励の言葉をたくさんかけていただいた」と述べた。

 18日には両陛下でミャンマーなどの駐日大使夫妻との午餐(ごさん)を皇居・宮殿で催され、秋篠宮妃紀子さまとともに次女の佳子さまが成年皇族として初めて臨まれた。

このニュースの写真

  • (371)両陛下、福島県民へねぎらいや激励のお言葉 愛子さま、学習院女子中等科の百人一首大会で約40枚を取るご活躍
  • (371)両陛下、福島県民へねぎらいや激励のお言葉 愛子さま、学習院女子中等科の百人一首大会で約40枚を取るご活躍
  • (371)両陛下、福島県民へねぎらいや激励のお言葉 愛子さま、学習院女子中等科の百人一首大会で約40枚を取るご活躍
  • (371)両陛下、福島県民へねぎらいや激励のお言葉 愛子さま、学習院女子中等科の百人一首大会で約40枚を取るご活躍
  • (371)両陛下、福島県民へねぎらいや激励のお言葉 愛子さま、学習院女子中等科の百人一首大会で約40枚を取るご活躍

「ライフ」のランキング