産経ニュース

【歴史戦第9部 南京攻略戦 兵士たちの証言(3)】「婦女子に手をかけてはいけないと厳命されていた」 憲兵配置…略奪・強姦ありえない

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【歴史戦第9部 南京攻略戦 兵士たちの証言(3)】
「婦女子に手をかけてはいけないと厳命されていた」 憲兵配置…略奪・強姦ありえない

 昭和12年12月の南京攻略戦をめぐる東京裁判の判決は、旧日本軍が残虐の限りを尽くしたと断定した。

 日本兵は市内に群がってさまざまな残虐行為を犯した。まるで野蛮人の一団のように放たれ、何の規律もなく、多くの兵は酔っていた。何ら口実もないのに中国人男女や子供を殺害し、死体は大通りに散乱、幼い少女や老女も含めて強姦(ごうかん)事件を起こし、射殺しては多くの住宅から略奪品を運び去った…。

 これが真実ならば、規律と統制を失った集団の、見るに堪えない不法行為の数々である。だが、元将兵の証言によると攻略後の城内は虐殺とはほど遠い平穏さがあった。加えて、軍には厳しい規律があったとの証言もある。

 「私だけでなく戦友や日本軍の名誉にもかかわる。悔しい思いをしました」

 元陸軍第16師団歩兵第20連隊伍長の橋本光治(99)は、身に覚えのない「虐殺者」の汚名を着せられたことに、今も怒りを禁じ得ない。

関連トピックス

「ライフ」のランキング