産経ニュース

【生活の知恵】女性の「大腿骨骨折」寒い冬に増える…治りにくく、寝たきりの例も 散歩の習慣、ヨーグルトで「予防」 

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【生活の知恵】
女性の「大腿骨骨折」寒い冬に増える…治りにくく、寝たきりの例も 散歩の習慣、ヨーグルトで「予防」 

 大腿骨の模型とX線写真を見ながら、大腿骨の骨折について説明する健康院クリニックの細井孝之副院長=東京都中央区

 立春が過ぎたとはいえ、寒い日が続く。ついつい動かなくなりがちな寒い時期には、女性の大腿(だいたい)骨折が増える。70代以上の高齢者が多いが最近では40~50代でも増えている。予防には普段の運動や食事による必要な栄養分の摂取が重要だ。(兼松康、写真も)

閉経後の女性は特に注意を

 「寒いからといって外出を控え、じっと過ごしていると、筋肉や関節が凝り固まり、たった1センチの段差につまずくことがある」

 こう話すのは、日本骨粗鬆症(こつそしょうしょう)学会理事で、「健康院クリニック」(東京都中央区)の細井孝之副院長だ。

 日本整形外科学会骨粗鬆症委員会の調査(平成23年度)によると、10月から翌年3月までの大腿骨付近の骨折数は、4~9月に比べ、約2割増加。大腿骨骨折患者の約8割を女性が占める。閉経後の女性はホルモンバランスの変化で、骨を作る動きが急速に衰え、骨密度や骨質など、骨の強度が低下しやすいためだ。

 大腿骨骨折は70代以上の高齢女性に多いが、最近は40~50代で増加傾向にあるという。

 細井副院長によると、大腿骨と骨盤をつなぐ股関節の付け根付近にある大腿骨頚部(けいぶ)と転子部と呼ばれる部位が折れてしまうと、治りにくく、その後、寝たきりになるケースもある。

このニュースの写真

  • 女性の「大腿骨骨折」寒い冬に増える…治りにくく、寝たきりの例も 散歩の習慣、ヨーグルトで「予防」 

「ライフ」のランキング