産経ニュース

「介護に疲れ…」 高齢者虐待、7年連続で最多更新 認知症患者8割超

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「介護に疲れ…」 高齢者虐待、7年連続で最多更新 認知症患者8割超

高齢者虐待件数

 特別養護老人ホームなどの介護施設で平成25年度、職員による高齢者への虐待が確認されたのは前年度比で約43%増の221件で、7年連続で過去最多を更新したことが6日、厚生労働省の調べで分かった。被害者の8割超が認知症だった。家族や親族による高齢者への虐待も1万5731件と3年ぶりに増加。厚労省は「職員による認知症への理解不足があるほか、家庭では1人で介護している状況での虐待が目立つ」と分析している。

 調査は高齢者虐待防止法に基づき18年度から実施。市区町村などが受けた相談や対応をまとめた。

 施設職員による虐待の被害者は402人。虐待程度を5段階で評価し、最も深刻な「生命などへの重大な危険」に該当したのは22人だった。虐待を行った職員は282人で、男性が約52%、女性が約48%。介護従事者全体の約8割は女性で、虐待者に占める男性の割合の高さが目立った。

 被害者のうち、日常生活に支障がある認知症患者は341人と全体の約85%(前年度は約74%)に上った一方、虐待した理由を分析すると「職員の知識や介護技術に関する問題」が最多の約66%だった。同省は「認知症の症状である徘徊(はいかい)など対処が難しい高齢者を、知識の足りない職員が担当すると、虐待につながりやすい」とみている。

「ライフ」のランキング