産経ニュース

【金曜討論】生活保護プリペイドカード支給 片山さつき氏「受給者が家計管理できる」 道中隆氏「目を行き届かせること先決」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【金曜討論】
生活保護プリペイドカード支給 片山さつき氏「受給者が家計管理できる」 道中隆氏「目を行き届かせること先決」

片山さつき・参院議員(栗橋隆悦撮影)

 --自治体側から改善策が出てきたことへの評価は

 「生活保護の問題は、市町村が直面している課題であり、他の自治体でもさまざまな施策に挑戦してほしいと思っている。地域限定で使用できる商品券のようなものを作るというのも、手法の一つだと思う。自治体の自発的な取り組みは今後も積極的に応援していきたい。これまで、手をつけられず、ブラックボックスのようになっていた生活保護の問題が、いろいろと議論されることになってきたのは画期的なことだ。地方議会でも、見直し派と現状維持派の議員で盛んにディべートがされていると聞いており、前向きな発展だ」

 《道中隆氏》

 ■プライバシー侵害する恐れ

 --生活保護費をプリペイドカードで支給する法的な問題点はあるのか

 「生活保護制度は国の法定受託事務となっており、本来は大阪市が独自に実施できる施策は非常に限られている。生活保護法では、直接、医療機関や介護事業者に費用が支払われる医療扶助費と介護扶助費を除いては、実費の金銭給付によって行うものと定められており、今回の施策は同法の原則に反していると言わざるを得ない」

このニュースの写真

  • 生活保護プリペイドカード支給 片山さつき氏「受給者が家計管理できる」 道中隆氏「目を行き届かせること先決」

「ライフ」のランキング