産経ニュース

【金曜討論】生活保護プリペイドカード支給 片山さつき氏「受給者が家計管理できる」 道中隆氏「目を行き届かせること先決」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【金曜討論】
生活保護プリペイドカード支給 片山さつき氏「受給者が家計管理できる」 道中隆氏「目を行き届かせること先決」

片山さつき・参院議員(栗橋隆悦撮影)

 --金銭給付の原則に反しているとの指摘や、人権上の観点から問題視する声もある

 「今回のケースは、あくまで本人が希望したらカードで支給すると大阪市は説明している。希望者のカードの口座に現金を振り込むという理論構成ならば違法には当たらないのではないだろうか。逆に、カードでの支給が本格化していけば、(業者が受給者を囲い込んで食費や住居費などの名目で保護費を吸い上げる)『貧困ビジネス』への対策も進むのではないか。『カードでの支給は受給者に対するレッテル貼りにつながり、人権上の問題がある』という意見もあるようだが、受給者でなくても、カードでしか買い物をしない人もいる。カードの使用で、受給者であるということが分かってしまうわけでもないので、プライバシー上の問題もないのではないか」

 --カードを本格運用した場合に課題はあるのか

 「今回は実験事業ということだが、本格実施する際にはカード化のコストをどうするかという問題がある。生活保護費としてもらっている国からの予算で賄うのか、市の予算として計上するのか、このあたりは整理する必要があるだろう。大阪市の今回の取り組みの問題点や課題を検証することも国の施策に大きなプラスになると考えている」

このニュースの写真

  • 生活保護プリペイドカード支給 片山さつき氏「受給者が家計管理できる」 道中隆氏「目を行き届かせること先決」

「ライフ」のランキング