産経ニュース

【ゆうゆうLife】病と生きる 黄斑変性治療法知って 人生はなるようになる 映画字幕翻訳者・戸田奈津子さん(78)

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ゆうゆうLife】
病と生きる 黄斑変性治療法知って 人生はなるようになる 映画字幕翻訳者・戸田奈津子さん(78)

戸田奈津子さん(宮崎瑞穂撮影)

 映画字幕翻訳者の戸田奈津子さん(78)の左目は約20年前、目の網膜の機能が低下する「黄斑変性」と診断された。当時は根本的な治療法がなく、長期にわたり視界の悪さに苦しんできた。最近、新たな治療法が開発され、昨年末に手術を受けた。視力は回復しつつあるといい、「目が見える喜びはすばらしい。治療法があることを多くの人に知ってほしい」と話す。(文・油原聡子)

 もともと強度の近視で、中学1年の頃からメガネをかけていました。両親も近視だったので遺伝でしょうね。私は映画や読書、芝居の観劇など目を使うことが好き。年間50本以上の字幕翻訳を手掛けていた時期もあります。目を酷使してきた人生でした。

 最初に異変に気付いたのは20年ほど前。障子の桟やグラフ用紙の線がゆがんで見えたんです。おかしいと思って、都内の病院を受診しました。強度の近視が原因の黄斑変性と診断されました。

 〈黄斑は網膜にあり、物の形や色など視覚情報の大半を脳に伝達している。黄斑変性は加齢や強度の近視などの理由で黄斑に障害が生じ、視界が欠損したり、ゆがんだりして見える病気。戸田さんは強度の近視が原因〉

「ライフ」のランキング