産経ニュース

【書評】久保田るり子・編集委員が読む『朝日新聞「日本人への大罪」』(西岡力著)

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
久保田るり子・編集委員が読む『朝日新聞「日本人への大罪」』(西岡力著)

 慰安婦問題の本質を指摘

 韓国から「日本を代表する反韓学者」と名指しされる著者だが、何を隠そう実は比類のない愛韓派である。「挺身隊と騙(だま)して連行した」と報道した植村隆元朝日新聞記者を「ねつ造記者」と初めて名指しで批判した初論文(92年文芸春秋)は『日韓関係が心配でならない…』という文章から始まっている。予感は的中し、慰安婦問題は反日と嫌韓の怨嗟(えんさ)の元凶となった。

 植民地時代も知る韓国の知識人らの知己の多い西岡氏は、90年代から徹底的な取材を元に朝日批判を展開してきた。慰安婦問題はどんな経緯で誰の手によりクローズアップされてきたのか。昨年、朝日は特集で「慰安婦問題は朝日新聞のねつ造だといわれなき批判が起きている」と書いたが、本書はこれが「ねつ造」なのか読者諸兄に判断してほしい、と呼びかけた。西岡氏、22年間の朝日新聞との戦いの全記録である。

「ライフ」のランキング