産経ニュース

「2014年は史上最も暑い年」米NASAなど発表 CO2増が要因

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「2014年は史上最も暑い年」米NASAなど発表 CO2増が要因

2014年の世界各地の気温が、過去の平均値からどう変動したかを示した図。赤い部分は例年より暑く、青い部分は寒かった(NASA提供・共同)

 【ワシントン=小雲規生】米航空宇宙局(NASA)と米海洋大気局(NOAA)は16日、2014年の平均気温が1880年以降で最も高かったとする分析結果を発表した。1880年以降の上位10位のうち、1998年を除くすべての年が02年以降に集中しており、NASAは「要因の多くは二酸化炭素などの排出量が増えたことにある」としている。

 NASAとNOAAは世界約6300カ所の観測データなどを分析し、14年が最も気温の高い年だったと認定した。NOAAによると14年の世界の平均気温は14・59度で、これまで最高だった05年と10年の14・55度を上回った。

 14年はロシア極東部、米西部、南アメリカ内陸部の一部、欧州の大部分、北アフリカ、オーストラリア沿岸部で記録的な暑さになった。一方、米北部は異例の気温の低さだった。またNOAAは、各地で大型台風などの大量発生や干魃、海氷の減少などの異常な気象現象がみられたとしている。

 NASAは「14年の記録的な暑さは、(太平洋赤道域東部の海面水温が上昇する)エルニーニョ現象が起こらないなかで記録された」と指摘。次にエルニーニョ現象が起きた場合は、さらに気温が上昇する可能性があるとみられている。

このニュースの写真

  • 「2014年は史上最も暑い年」米NASAなど発表 CO2増が要因
  • 「2014年は史上最も暑い年」米NASAなど発表 CO2増が要因

「ライフ」のランキング