産経ニュース

芥川賞に小野正嗣さん 直木賞に西加奈子さん

ライフ ライフ

記事詳細

更新


芥川賞に小野正嗣さん 直木賞に西加奈子さん

喜びの会見で見つめ合う芥川賞の小野正嗣さん(右)と直木賞の西加奈子さん=15日午後、東京・内幸町の帝国ホテル(宮崎裕士撮影)

 第152回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が15日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は小野正嗣(まさつぐ)さん(44)の「九年前の祈り」(「群像」9月号)に、直木賞は西加奈子さん(37)の「サラバ!」(小学館)にそれぞれ決まった。

 4度目の候補で芥川賞に輝いた小野さんは大分県生まれ、立教大准教授。受賞作は、カナダ人の男性と別れ幼い息子を抱えて故郷に戻ってきた女性の心情を丁寧に描く。選考委員の小川洋子さん(52)は「小野さんがずっとこだわってきた『土地の持つ力』が今回、とてもうまく小説として結実していた」と高く評価した。

 西さんはイラン・テヘラン生まれ。大阪とエジプト・カイロで育ち、平成16年にデビュー。2度目の候補で受賞を決めた。

 受賞作は、少年時代をエジプトで過ごした主人公が、離婚した両親や姉、親友との付き合いの中で自我を確立していくさまを描く。選考委員の林真理子さん(60)は「一つの言葉からどんどん違う世界をうみ出す手腕は天才的。明るい光のようなすがすがしいパワーのある作品」と評した。

 2人は同夜、東京・内幸町の帝国ホテルで記者会見。小野さんは「選んでいただき大変光栄で感謝している」、西さんは「知名度のある大きな賞。シンプルにうれしいという言葉しか浮かびません」と喜びをかみしめた。贈呈式は2月中旬、東京都内で開かれる。賞金は各100万円。

このニュースの写真

  • 芥川賞に小野正嗣さん 直木賞に西加奈子さん
  • 芥川賞に小野正嗣さん 直木賞に西加奈子さん
  • 芥川賞に小野正嗣さん 直木賞に西加奈子さん

「ライフ」のランキング