産経ニュース

【家庭医が教える病気のはなし】(81)「冷え」は風邪の原因か

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【家庭医が教える病気のはなし】
(81)「冷え」は風邪の原因か

 実験直後に差がなく、4~5日たって差が出てくるという結果は、風邪発症のメカニズムからは案外妥当なものかもしれません。寒さそのものが症状の原因なら、実験直後から差が出るといえます。実際は4~5日後に差が出たわけですから、寒さそのものよりも、寒さが引き金で風邪のウイルスが増殖し、少し時間がたったところで症状が出たと考えるのが合理的です。

 実は人間の体には、風邪の原因となるウイルスが常に取り込まれています。つまり、人間の体は日々風邪のウイルスと闘っているわけです。風邪の症状が出るかどうかには、「気温や湿度などの環境」「ウイルス自体の病原性や量」「本人の免疫力」などが関係します。ウイルスが体に入れば必ず風邪になるというものではありません。

 風邪をひくための重要な因子は、ウイルスそのものではなく、本人の免疫力にかかわる因子なのかもしれません。「体を冷やすのが風邪をひきやすくする」というのは、都市伝説ではなくて、科学的な事実としても示されているのです。(武蔵国分寺公園クリニック院長・名郷直樹)

「ライフ」のランキング