産経ニュース

【広角レンズ】あすはわが身、単身女性3人に1人… 「貧困」焦点の書籍相次ぐ

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【広角レンズ】
あすはわが身、単身女性3人に1人… 「貧困」焦点の書籍相次ぐ

「女性の貧困」に注目が集まり、多くの書籍が刊行されている

 ■見えない実態…支援が必要

 単身で暮らす女性の3人に1人が「貧困状態」-。こうした調査結果が注目され、「女性の貧困」にスポットを当てた書籍が昨年来相次いで刊行されている。労働市場で女性の活用が叫ばれる一方、社会から見えない場所で苦しむ女性は少なくない。貧困は女性だけの問題ではないが、実態が見えにくい分、議論や支援が遅れている現状がある。(戸谷真美)

                   ◇

 国立社会保障・人口問題研究所の阿部彩部長が平成25年国民生活基礎調査を基に分析したところ、所得格差を示す相対的貧困率は、20~64歳の1人暮らしの女性で33・3%。男女別にみると40代以降で格差は広がり、70代の1人暮らしの女性では46・3%が貧困。女性の苦境が際立っている。

 阿部部長は「日本で貧困問題が注目されるきっかけになった平成20年末の『年越し派遣村』にいたのはほとんどが男性。女性はホームレスになる前に、性産業などに取り込まれてしまうので、貧困問題は従来ほとんど議論されてこなかった」と指摘する。

 ◆差別の対象に

 こうしたなかで昨年9月に刊行された鈴木大介さんのルポ『最貧困女子』(幻冬舎新書)は、出会い系サイトで売春して子供2人を育てるシングルマザーや、性産業の底辺で生きる知的障害の女性たちの悲惨な実態を描く。「セックスワークをすれば困窮状態は一時的に緩和されるが、その時点で公的支援や分析の対象からこぼれる。貧困が自己完結して表に出ず、不可視化されてしまうんです」

このニュースの写真

  • あすはわが身、単身女性3人に1人… 「貧困」焦点の書籍相次ぐ

「ライフ」のランキング