産経ニュース

【美の扉】京の町駆け巡るモダンアート 現代の琳派 木村英輝さん

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【美の扉】
京の町駆け巡るモダンアート 現代の琳派 木村英輝さん

 京都を拠点に、キャンバスではなくもっぱら市中の建物に壁画を描く絵師がいる。木村英輝(ひでき)さん(72)だ。大胆なデザインに金を配した派手な色合い、人をひき付ける装飾性などの作風は琳派に通じるとの声もある。今年は琳派誕生から400年。木村さんの作品を追った。(田中幸美)

 

 「ほおー」。襖の前に座った数人の観光客がため息をついた。目の前には、阿弥陀経で極楽浄土に咲くとされる赤、青、黄、白の蓮の花。木村さんが、京都市東山区の青蓮院に描いた60面の襖絵だ。古刹(こさつ)の落ち着いた襖に現代的でポップな絵がなぜかよく似合う。

 木村さんは、京都市立美術大(現在の京都市立芸術大)図案科を卒業後、母校の講師を経て、長くロックのイベントプロデューサーをしていた。日本初のロックイベントや米の反骨ロッカー、フランク・ザッパ公演などを手がけた敏腕プロデューサーだった。

 絵筆を握り始めたのは還暦を前にしてのことだ。キャンバスではなく、市中の建物や襖、屏風などを舞台に絵筆を振るう。「生きた絵を描きたい」。ここ十数年で京都市内を中心に150点以上を描いた。動物園には今にも壁から飛び出してきそうなゴリラを、中華料理店の天井にはおいしそうなエビを描いた。

 自由に描かれた大胆な構図、金で縁取りされた華やかな画面…。そんな木村さんこそ現代の「琳派」と推す声がある。

「ライフ」のランキング