産経ニュース

【「戦後日本」を診る 思想家の言葉】葦津珍彦 まなざし、明治にむけ「左右」発生の根源探究

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【「戦後日本」を診る 思想家の言葉】
葦津珍彦 まなざし、明治にむけ「左右」発生の根源探究

神道家・右翼思想家の葦津珍彦

東日本国際大教授・先崎彰容

 昭和40年代のことである。一人の在野思想家が時代と格闘していた。彼は言う。「現代は群雄割拠の時代であり、戦国乱世の前夜」である、と。当時、国際社会はアメリカとソ連の二極対立の時代が終わり、第三世界のさまざまな国家が自己主張を始めていた。日本国内でも多くの論客が処方箋を示し、自分こそ正しいのだ、こう主張して群雄割拠していた。

 時は昭和43年の、いわゆる「全共闘革命」前夜だった。網野善彦が、三島由紀夫が、そして橋川文三が、つまりこれまで取りあげてきた思想家たちが、時代を正確に見定めようともがいていた。

 その同じ場所で、葦津珍彦(あしづ・うずひこ)はまなざしを明治にむけ、自分の生きている時代を冷静にとらえようとしていた。

 葦津は戦前からの右翼である。福岡に生まれ右翼の巨人・頭山(とうやま)満に師事した葦津は、いっぽうで左派の鶴見俊輔らと親交をもち、「思想の科学」に寄稿すら頼まれた。理論派の右翼として橋川文三からも一目置かれた人物、それが葦津珍彦だった。現代が乱世であるならば、激動を生きた戦国武士の気概をもって、しかし冷静に書物をひもとかねばならない。

 戦後日本を診るためには、葦津にならって戦国時代から明治、さらには昭和までを広く学ぶ必要があるのだ。

「ライフ」のランキング