産経ニュース

【STAP細胞】「ES細胞混入に由来。誰かが故意に混入した疑いを拭うことができず」 理研調査委員会が発表

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【STAP細胞】
「ES細胞混入に由来。誰かが故意に混入した疑いを拭うことができず」 理研調査委員会が発表

STAP細胞論文に関する調査結果について説明する、調査委員会の桂勲調査委員長=26日午前、東京都千代田区(鴨川一也撮影)

 STAP細胞論文に関する理化学研究所の調査委員会は26日、STAP細胞は既存の万能細胞である胚性幹細胞(ES細胞)の混入に由来する可能性が高いとの調査結果を発表した。混入が故意か過失によるものかは判断できないとした。STAP細胞は新型万能細胞とされたが、その論文内容は「ほぼすべて否定された」と結論付けた。

 調査委は論文の筆頭著者で元理研研究員の小保方晴子氏(31)と、共著者の若山照彦山梨大教授の研究室に保存されていたSTAP関連の細胞についてゲノム(全遺伝情報)解析などを行い、その性質と由来を詳しく調査した。

 その結果、STAP細胞に増殖能力を持たせたSTAP幹細胞はすべてES細胞に由来すると断定。STAP細胞もES細胞に由来する可能性が高いとした。

 STAP細胞をマウスに移植して作った腫瘍や、STAP幹細胞をマウスの受精卵に入れて作った胎児は、論文で万能性の証拠とされたが、いずれもES細胞に由来する可能性が非常に高いと分析した。

 これらの結果から、STAP細胞が万能性を持つとした論文の結論は否定されたとし、万能性の証拠となる幹細胞などは「全てES細胞の混入に由来するか、それで説明できることが科学的な証拠で明らかになった」と結論付けた。

このニュースの写真

  • 「ES細胞混入に由来。誰かが故意に混入した疑いを拭うことができず」 理研調査委員会が発表
  • 「ES細胞混入に由来。誰かが故意に混入した疑いを拭うことができず」 理研調査委員会が発表
  • 「ES細胞混入に由来。誰かが故意に混入した疑いを拭うことができず」 理研調査委員会が発表

「ライフ」のランキング