産経ニュース

シニア層に浸透する遺伝子検査 リスクを知って「健康寿命」延ばし、医療費削減へ

ライフ ライフ

記事詳細

更新


シニア層に浸透する遺伝子検査 リスクを知って「健康寿命」延ばし、医療費削減へ

口腔内の細胞を取り遺伝子検査を行う =東京都中央区のファンケル銀座スクエア

 遺伝子検査遺伝子を構成するDNAのアルファベット塩基(化学物質)の順序を調べる検査。病気の種類によるが、一般に血液や口腔(こうくう)内の粘膜などからサンプルを採取し、DNAの検出や解析を行う。遺伝子検査は生まれながらの体質を調べるものと、がんや白血病など、生まれた後に生じるDNAの変化を調べる検査とに分類される。

 病気へのかかりやすさや体質などが簡単に調べられる遺伝子検査が、シニア層にも浸透している。サービスを提供する各社もセミナーを開催するなど認知度の向上に努めており、「健康なシニア期を過ごしたい」という人の利用が見込まれる。(兼松康)

約1万円から

 ソーシャルゲーム大手のディー・エヌ・エー(DeNA)の子会社「DeNAライフサイエンス」、東京大学系ベンチャーの「ジーンクエスト」、化粧品や健康食品のファンケルの子会社「ファンケルヘルスサイエンス」など今年に入り、遺伝子検査サービスへの参入が相次いでいる。この3社は、医療機関などとも連携して、生活習慣病のリスクや体質などを知るための遺伝子検査サービスを実施している。

「ライフ」のランキング