産経ニュース

妊婦にインフルワクチンOK 早産リスク減らす可能性も期待

ライフ ライフ

記事詳細

更新


妊婦にインフルワクチンOK 早産リスク減らす可能性も期待

ワクチン接種をためらう妊婦は多いが、インフルエンザワクチンは接種が推奨されている=群馬県伊勢崎市のフクイ産婦人科クリニック (同クリニックの田村正明医師提供)

 12月から3月はインフルエンザの流行期。感染で重症化する可能性のある妊婦にはワクチン接種が勧められるが、妊娠中は胎児への影響を心配して接種をためらう人も多い。接種は感染を減らす効果に加え、早産のリスクを少なくする可能性も期待されている。(平沢裕子)

 新型以降に積極推奨

 インフルエンザワクチンは、ウイルスの病原性をなくした不活化ワクチンで、日本産科婦人科学会は以前から診療ガイドラインで「希望する妊婦には接種を推奨」としている。ただ、日本産婦人科医会常務理事の中井章人・日本医科大教授は「妊婦に積極的に接種を勧めるようになったのは、新型インフルエンザが流行した平成21年から」と指摘する。

 インフルエンザにかかると、高熱や頭痛、関節痛などさまざまな全身症状が出て、肺炎など重症の合併症を引き起こすこともある。免疫力が低い高齢者や子供が重症化しやすいことはよく知られているが、新型インフルエンザの流行で妊婦も重症化しやすいことが判明した。

 なぜ妊婦が重症化するのか、そのメカニズムはよく分かっていないが、妊婦は免疫力が低下する傾向があり、胎児でおなかが圧迫されることで呼吸が制限されることも原因とされる。

 米国では新型インフルエンザによって約60人の妊婦が死亡し、それ以外の人に比べ入院率が4倍高いことが報告されている。日本では亡くなった妊婦はおらず、入院率もそれ以外の人と変わらなかったが、入院した妊婦はそれ以外の人に比べ重症となるケースが多かった。また、妊娠中の感染は、早産となるリスクが高かった。

 中井教授は「これまでの研究で、妊婦の接種は感染リスクを35%減らすことが分かっており、早産リスクを減らす可能性も高い。感染は妊婦にとって大きなリスクで、接種により感染予防や感染したときの重症化予防が期待できる」とし、妊娠週数に関係なく、健康な妊婦には接種を勧める。

 赤ちゃんも守る

 海外の研究で、妊娠7カ月以降にワクチンを接種した妊婦は、同時期に接種しなかった妊婦に比べ、生まれた子供の罹患(りかん)率が63%少ないことも報告されている。

 つまり、妊婦の接種には、生まれてくる赤ちゃんがインフルエンザにかかるのを防ぐ効果もあるといえ、妊婦と乳児の双方に利益をもたらす可能性があるのだという。

 妊娠中、風邪のような症状があるときは早めに医療機関を受診した方がよい。簡易検査などでインフルエンザと診断されたら、抗ウイルス薬が処方される。妊婦の場合、安全に使える抗ウイルス薬は、タミフル▽リレンザ▽イナビル-の3種類だ。

 中井教授は「薬は自己判断せず、かかりつけ医と相談して使ってほしい」と話している。

                   

「ライフ」のランキング