産経ニュース

【書評】森岡書店店主が読む『だからこそ、自分にフェアでなければならない。』小林紀晴著

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
森岡書店店主が読む『だからこそ、自分にフェアでなければならない。』小林紀晴著

『だからこそ、自分にフェアでなければならない。プロ登山家・竹内洋岳のルール』小林紀晴著(幻冬舎・1300円+税)

山を離れてもあてはまる

 本書を読んでまず知ったのは、地球上には、標高8000メートルを超える山が14座あることです。エベレストはすぐに思いつきますが、その他は、なかなか名前が出ないのが実情でしょうか。竹内洋岳(ひろたか)は日本人で唯一、その14座すべての登頂に成功した人物。いわゆる14(フォーティーン)サミッターです。

 達成できたのは世界に31人だけ。標高8000メートルの世界は、酸素と気圧が平地の3分の1、気温は平均マイナス35度。山ごとに、登頂の死亡率も出ています。一番低いのはチョー・オユーの2・5%ですが、一番高いアンナプルナだと40・8%に跳ね上がります。この山は過去に130人が挑戦して、53人が命を落としました。

 竹内自身も、2005年、34歳の時に登ったエベレストで、脳血栓により突然倒れました。「死んでいくところを記録しろ」と仲間に告げたのは、見殺しの憶測を防ぐため。2007年7月には、ガッシャブルムII峰で巨大な雪崩に巻き込まれ、約300メートル落下。共に登っていた3人のうち、ひとりは死亡し、ひとりは行方不明になりました。背骨を折ったものの竹内だけが生還できました。

「ライフ」のランキング