産経ニュース

【生活プレミアム】「英語は早いうちから」 小学校での教育早期化検討…スクールや塾への入会増える 

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【生活プレミアム】
「英語は早いうちから」 小学校での教育早期化検討…スクールや塾への入会増える 

英語教育の早期化の動きに伴い、イーオン・キッズでは英語を学ぶ子供が増えている

 小学校の英語教育の早期化が検討される中、子供向けの英会話スクールや英語塾が多様な取り組みを始めている。英語を学ぶ小学生や就学前の子供の数も着実に増えている。(兼松康)

生徒数は大きく増加

 「10年前と今では大きく環境が変わり、英語を学ぶ子供の数の伸びは大きい」

 英会話スクール「イーオン」の広報課、森田繁雄課長代理はこう説明する。

 実際に同社で1歳から中学生までを対象とする「イーオン・キッズ」で学ぶ子供の数は今年、約5万1千人にまで増加。「10年前は3万人程度だった」といい、7割増加している計算。イーオン全体では約10万人で、子供が半数を超えている。中でも関東地方では平成24、25年と連続して子供の新規入会が前年比3割増と伸びた。

 森田課長代理によると、以前はおけいこ感覚で子供に英語を学ばせる親が多かったが、平成23年度から小学校5、6年生の外国語活動が必修化されたことで状況が変化。はっきりと上達の結果を求める親が増え、英語検定など資格取得のニーズが増えてきたという。

 こうした状況に対応するため、25年4月には、3、4年生と5、6年生を対象にした「文法コース」も導入した。英検5~3級に対応する内容で、「聞いて話せるという音の学習に加え、読んで書けるという英語の基礎力が身に付くので、驚くほど人気が出ている」という。

このニュースの写真

  • 「英語は早いうちから」 小学校での教育早期化検討…スクールや塾への入会増える 

「ライフ」のランキング