産経ニュース

【比べる×調べる】(81)湯たんぽ 材質による温度差は約2度

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【比べる×調べる】
(81)湯たんぽ 材質による温度差は約2度

 冬本番を前に、すでに湯たんぽで布団を温めている人もいるのでは? 最近はお湯を入れて使う従来品の他、電子レンジ加熱や電気蓄熱などさまざまな種類を見かけます。保温効果がどのくらい違うのか、比べてみました。

 実験は温度と湿度を一定に保つことができる部屋で実施、湯たんぽは6種類用意しました。(1)(2)(3)(4)には60度のお湯を入れ、(5)は電子レンジで規定時間加熱(約45度)、(6)は蓄熱完了(約68度)まで温めた後に使いました。湯たんぽはバスタオルで上下が二重になるよう包み、上中央部に温度計を設置、ポリエステル綿の布団に入れ、表面温度を8時間測定しました。

 お湯を使わない手軽さが魅力の(5)と(6)ですが、(5)は開始時の温度が低いためか、持続も今ひとつ。開始時の温度が最も高い(6)は、低温やけどが起こる可能性があり、就寝時の使用には不安があります。カバーでの温度調節や置く位置に注意が必要です。

 お湯を入れるタイプは、(4)(3)(1)(2)の順で8時間後の温度が高い結果になりました。最高の(4)と最低の(2)の温度差は約2度で、使用湯量を考慮すると、布団に入れた状態であれば湯たんぽの材質による保温効果の差はあまり大きくないようです。

「ライフ」のランキング