産経ニュース

【くらしナビ】東北に加速器施設「ILC」を 産業・雇用創出で復興期待

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【くらしナビ】
東北に加速器施設「ILC」を 産業・雇用創出で復興期待

「東北にILCを」と呼びかけるウオーキングの参加者ら

 東北の産業構造や暮らしがガラリと変わるかもしれない。岩手県の北上山地に次世代加速器、国際リニアコライダー(ILC)の施設を誘致する計画が熱を帯びている。合言葉は「東北を科学の拠点に」。民間団体の援軍も現れ、誘致を呼びかけている。

 この計画は電子と陽電子を衝突させ、宇宙が誕生したビッグバン直後に似た状態をつくるものだ。同県一関市ILC推進室の千葉敏紀室長は「宇宙や物質がどのように生まれたかという謎の解明を目指す。医療から生命科学、環境に至るさまざまな分野で研究の応用が期待される」と話す。

 北上山地は一関市と奥州市にまたがる地域が対象。このほか、福岡、佐賀両県にまたがる脊振(せふり)山地も誘致活動を展開している。

 産学官で構成される東北ILC推進協議会が誘致の主体。民間では一般財団法人「連帯 東北・西南」(東京)が誘致のためウオーキング大会やシンポジウムを岩手県で実施。代表理事の佐多保彦さんは「岩手スタート、東京ゴールのウオーキング大会を開いて誘致の意義を知ってもらうのはどうか」と自治体などに提案する。

「ライフ」のランキング