産経ニュース

【ゆうゆうLife】向き合って コラムニスト、神足裕司さんの長男・祐太郎さん(27)車椅子生活の父親支え、執筆代役や闘病日記共著

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ゆうゆうLife】
向き合って コラムニスト、神足裕司さんの長男・祐太郎さん(27)車椅子生活の父親支え、執筆代役や闘病日記共著

コラムニストの神足裕司さん(右)と長男の祐太郎さん(寺田理恵撮影)

 コラムニストの神足裕司さん(57)の長男、祐太郎さんはサラリーマンを続けながら、3年前にくも膜下出血で倒れた父の闘病を母や妹らと力を合わせて支えている。裕司さんは左半身まひで車椅子の生活。言葉がうまく出ないなどの後遺症もあるが、残された力で執筆活動を再開した。そんな父のため仕事関係者と連絡を取り、雑誌の連載を代わりに書いて共著『父と息子の大闘病日記』も出した。「父にとって書くことは生きること」と話す。(文・寺田理恵)

 父が倒れたのは私が24歳だった平成23年9月でした。友人と飲んでいると、父が飛行機の中で倒れたと妹から電話があり、とにかく駆け出しました。父は54歳。飲み歩いたり不規則な生活を送ったりしていましたが、倒れるとは思っていませんでした。

 まず、生き延びてくれるのかが心配でした。父は仕事の話を家であまりしませんでしたから、父が何の仕事をしていたか知らず、当面は仕事ができないことをどこへ連絡すればいいのか分からない。

 妹の学費をどう工面するか。妹はまだ高校2年だったので、私が責任を持ちたいと思いました。倒れた瞬間に父の収入は途絶え、医療費がかかります。父に蓄えがあるとは思えず、私の給料だけで生活をどう成り立たせるか。いろいろなことを考えました。

「ライフ」のランキング