産経ニュース

【ゆうゆうLife】認知症の人が「働く」デイサービス できることで社会参加を

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ゆうゆうLife】
認知症の人が「働く」デイサービス できることで社会参加を

ホンダのディーラーで洗車をする青山仁さん =東京都町田市

 英国では、認知症の人がバスに乗る際に目的地のカードを示すと、運転手が停留所で降ろしてくれる地域もある。民間企業の工夫で認知症の人がぐっと暮らしやすくなる一例だ。

 DFJIの徳田雄人さんは「認知症の人が必要以上に自分の障害を感じず、スムーズに生活できる社会にしていきたい。そういう社会を作るには、行政や医療や介護などの伝統的なサービス領域だけでなく、認知症の人の生活を取り囲む都市計画、交通、金融、流通、情報通信など、さまざまな分野の取り組みが必要です」とする。

 民間企業が商品やサービスを変えていくと、社会が変わる。徳田さんは「認知症にフレンドリーな物やサービスがあふれ、認知症の人が、商品やサービスを選択する消費者にもなっていってほしい。認知症の人だけでなく、高齢者や障害者、子供など全ての人が暮らしやすい環境になるはずです」と話している。

「ライフ」のランキング