産経ニュース

【ゆうゆうLife】認知症の人が「働く」デイサービス できることで社会参加を

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ゆうゆうLife】
認知症の人が「働く」デイサービス できることで社会参加を

ホンダのディーラーで洗車をする青山仁さん =東京都町田市

 できないことも多いけれど、できることで社会とかかわっていこう-。認知症の人が、地域の「仕事」に携わるデイサービスがある。福祉の限られた空間で過ごすのではなく、開かれた社会の中で生きていく試みだ。認知症に関する国際会議でも、キーワードは「地域の暮らし」。関連して開かれた民間の会合では、交通や流通、金融などの取り組みを加速させようとの投げかけが行われた。(佐藤好美)

 東京都町田市にある介護保険のデイサービス事業所「DAYS BLG!」。スタッフがホワイトボードを見せながら、利用者一人一人に、午前中に何をしたいかを聞いていた。ボードに書かれた選択肢は、(1)ホンダの洗車(5台)(2)買い物(3)調理・ぞうきん縫い・タマネギむき-の3つ。デイサービスの活動は合唱や塗り絵が多いが、ここでは、いずれも「仕事」だ。

 「どれにする?」

 利用者は、ほぼ全員が認知症。ホワイトボードを見せながら聞くのは、考えているうちに選択肢が分からなくなってしまうからだ。選べない利用者には、スタッフが重ねて聞いた。

 「外で過ごす? 中で過ごす?」

 「外かな」

 「じゃあ、洗車にする? 買い物にする?」

「ライフ」のランキング