産経ニュース

菅元首相の東電演説は「史上最低」 元補佐官が批判

ライフ ライフ

記事詳細

更新


菅元首相の東電演説は「史上最低」 元補佐官が批判

記者会見する元首相補佐官の寺田学氏=6日、秋田県庁(渡辺浩撮影)

 会見で寺田氏は次期衆院選で秋田1区から立候補することを表明。昨年の秋田市長選に出馬した際に民主党を離党しており、10月15日に同党県連の松浦大悟代表らに復党と公認を要請し、松浦氏は「預からせてほしい」と答えたという。

 民主党の公認が得られない場合は無所属で出馬するという。党本部の枝野幸男幹事長や岡田克也代表代行らにも出馬の意向を伝えたという。

 寺田氏は横手市生まれ。中大卒。15年から衆院議員を連続3期務めたが、24年の衆院選秋田1区で落選した。父は維新の党参院議員で元知事の典城(すけしろ)氏。

「ライフ」のランキング