産経ニュース

「認知症」対策へ新たな国家戦略 首相、5カ年計画見直し

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「認知症」対策へ新たな国家戦略 首相、5カ年計画見直し

「認知症の新たなケアと予防のモデル」をテーマに始まった国際会議の本会議であいさつする安倍首相=6日午前、東京都港区

 安倍晋三首相は6日午前、都内で開催中の認知症に関する国際会議に出席し「わが国の認知症施策を加速化するための新たな戦略を策定する」と述べた。厚生労働省が進めている5カ年計画を見直すよう塩崎恭久厚労相に指示する。

 首相は「新たな施策は厚労省だけでなく政府一丸となって(認知症の人の)生活全般を支えるよう取り組む」と明言。厚労省が昨年4月から進める「認知症施策推進5カ年計画」(オレンジプラン)に代わる新たな計画を年内に打ち立て、来年度から実施する方針だ。

 首相はまた、「最速で高齢化が進むわが国こそ、社会を挙げた取り組みのモデルを示さなければならない」と強調した上で、「各国の取り組みと連携し、世界に向けて発信していく」とも語った。

 新たな戦略では、認知症の人をケアする「認知症サポーター」の養成を現行の600万人から引き上げるほか、予防や治療に関する研究開発の拡充や医療・介護専門職で構成される「初期集中支援チーム」を全市町村に配置することなどを盛り込む予定だ。

このニュースの写真

  • 「認知症」対策へ新たな国家戦略 首相、5カ年計画見直し
  • 「認知症」対策へ新たな国家戦略 首相、5カ年計画見直し

「ライフ」のランキング