産経ニュース

【ワインのこころ】インドの新星スラ・ヴィンヤーズ 青木冨美子

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ワインのこころ】
インドの新星スラ・ヴィンヤーズ 青木冨美子

インドの新星スラ・ヴィンヤーズ=2014年11月2日(青木冨美子さん撮影)

 アジア圏で注目すべきワイナリーの一つがインドのスラ・ヴィンヤーズ(以後スラ)で、このワイナリーを代表する品種はソーヴィニヨン・ブラン(SB)です。

 私が初めてスラのワインに出合ったのは2008年の3月。尊敬するSBのスペシャリストから「インドに素晴らしいSBがある」と聞かされたことがキッカケです。標高600メートルの冷涼なエリアから生まれたワインはきれいな酸味と清涼感がとても印象的でした。それから6年!

 今月1日と2日の両日、日本で開催されていたVINEXPO NIPPONのセミナーで、スラのワインと再会しました。それもオーナーのラジーヴ・サマント講師によるセミナーでのことです。SB2013=写真左から2本目=はグレープフルーツやパッションフルーツ、青草、舌の上に広がるミネラル感が魅力的でした。「インドは7月雨期になるので、ぶどうの収穫は2月から3月にかけて行います。12月と1月は日中の温度が30度、夜間は12度まで下がるので、その温度差によって、ぶどうにきれいな酸味が備わります」とサマント当主。

「ライフ」のランキング