産経ニュース

「新国立は粗大ゴミに」建築家・磯崎新さん意見発表 開会式会場変更も提案

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「新国立は粗大ゴミに」建築家・磯崎新さん意見発表 開会式会場変更も提案

2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新国立競技場のイメージ修正案(日本スポーツ振興センター提供)

 2020年の東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場について建築家、磯崎新さん(83)が5日、「将来の東京は巨大な『粗大ゴミ』を抱え込むことになる」との意見を発表した。競技場で開会式を行わないことも提案した。報道関係者にメールで文書を寄せた。

 新競技場はザハ・ハディドさん(64)がデザインしたが、当初予算を大幅に上回ることなどが判明、日本スポーツ振興センター(JSC)が修正案を出した。磯崎さんは計画を支持してきたが、東京で開催中の「ザハ・ハディド」展で修正案を見て「当初のダイナミズムがうせ、列島の水没を待つ亀のような鈍重な姿に失望した」という。

 磯崎さんはバルセロナ五輪の競技場などの設計経験から「修正案は当初案への賛否いずれの側の人たちもが満足できない結果になりつつある」と指摘。ハディドさんの能力を評価した上で、新しい条件下で改めてハディドさんにデザインを依頼すべきだと提案した。

「ライフ」のランキング