産経ニュース

【ノーベル賞】中村教授、日亜化学に仲直りを呼び掛け 「けんかしたまま死にたくない…」 徳島大に賞金半分を寄付へ

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ノーベル賞】
中村教授、日亜化学に仲直りを呼び掛け 「けんかしたまま死にたくない…」 徳島大に賞金半分を寄付へ

古巣の日亜化学工業に“仲直り”を呼びかけた中村修二氏=3日、東京都新宿区の東京理科大

 「お互いに誤解していた過去は忘れましょう」。ノーベル物理学賞の受賞が決まり文化勲章を受章した半導体工学の中村修二さん=米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授=が3日、東京都内で会見し、巨額の特許訴訟で対立した元勤務先の日亜化学工業(徳島県)に仲直りを呼び掛けた。

 中村さんは昭和54年に日亜に入社し、平成5年に青色発光ダイオード(LED)の製品化に成功。だが、退職し渡米した12年以降、数百億円に上る発明対価をめぐって同社と訴訟合戦となり、「言い争うばかりの最悪の関係」(中村さん)になった。

 中村さんはノーベル賞受賞を契機に「青色LED開発は日亜の貢献が大きく、製品を社会に浸透させたのは日亜の小川英治社長の力だった」と考え直し、関係を改善したいと思うようになったという。中村さんは「人生は短い。けんかしたまま死にたくない。共同研究など将来のことを話したい」と述べた。

 また、中村さんは青色LEDの開発初期に装置を使わせてもらったとして、母校の徳島大にノーベル賞の1人分の賞金(約4千万円)の半分を寄付することも明らかにした。

このニュースの写真

  • 中村教授、日亜化学に仲直りを呼び掛け 「けんかしたまま死にたくない…」 徳島大に賞金半分を寄付へ
  • 中村教授、日亜化学に仲直りを呼び掛け 「けんかしたまま死にたくない…」 徳島大に賞金半分を寄付へ
  • 中村教授、日亜化学に仲直りを呼び掛け 「けんかしたまま死にたくない…」 徳島大に賞金半分を寄付へ

「ライフ」のランキング