産経ニュース

日本人は「利他的」、過去最高の45% 初めて「利己的」上回る 国民性調査

ライフ ライフ

記事詳細

更新


日本人は「利他的」、過去最高の45% 初めて「利己的」上回る 国民性調査

 日本人は利己的ではなく利他的-。30日公表された統計数理研究所の国民性調査で、「日本人は他人の役に立とうとしている」と考えている人が過去最多の45%に上ったことが分かった。逆に、「日本人は自分のことだけに気を配っている」とするネガティブな考えは42%にとどまり、調査開始以来初めて、肯定的な回答が否定的な回答を上回った。東日本大震災をはじめとする災害現場でボランティアなどが活躍する様子が広く伝えられ、日本人の自己像を前向きに変えているといえそうだ。

 調査によると、隣人ら周囲の日本人について「他人の役に立とうとしている」とみている人は45%で、前回調査より9ポイント上昇。この設問が初めて取り入れられた昭和53年調査の19%の2・4倍に達した。一方、「自分のことだけに気を配っている」と考える人は、35年前の74%から今回は42%まで低下、双方の評価が逆転した。

 年代別にみると、とりわけ40、50代で「利他的」と回答する割合が「利己的」を大幅に上回り、社会の中核を担う世代に意識の高まりが目立っている。

 「利他的」な評価が増えている背景について、同研究所の中村隆研究主幹は「戦後社会が成熟するにつれ、ボランティアなどの公共性が国内でも高まってきた」と分析する。とくに東日本大震災の際、国内に助け合いの輪が広がった影響が大きいといい、「日本人が示した被災地のための行動が、今回の調査結果に色濃く反映されているようだ」と話す。

「ライフ」のランキング