産経ニュース

善意の寄贈本に苦慮する図書館 何が本当に必要か考えて

ライフ ライフ

記事詳細

更新


善意の寄贈本に苦慮する図書館 何が本当に必要か考えて

書庫に入りきらず、段ボール箱に収めて積み上げられた寄贈本や中古本=兵庫県宝塚市の市立中央図書館

 兵庫県宝塚市の市立中央図書館では、ホームページで、「寄贈はベストセラーや新刊図書、郷土資料などに限る」と告知している。さらに、寄贈してほしい本として利用者からの予約の多い本のランキング表を掲載。同館司書の藤野高司さんは「ベストセラー本はありがたい」と話す。それでも寄贈本はあふれる一方で同館も、リサイクルコーナーを設けて対応している。

 常世田教授は、「寄贈本は本人の手元になくてもいい本であり、図書館が求める方向性と合わないのも当然といえる。寄贈前に、図書館が本当に必要とする本なのか考えてみてほしい」と話している。

「ライフ」のランキング