産経ニュース

スマホ使用時、まばたき意識と適度な距離 眼科医がアドバイス

ライフ ライフ

記事詳細

更新


スマホ使用時、まばたき意識と適度な距離 眼科医がアドバイス

目に負担がかかるため、暗い場所でスマートフォンを使用するのも控えた方がよさそうだ

 スマートフォンのユーザーは近年急増し、現代人が手放せないものの一つになりつつある。しかし、スマホは使い方によっては、目の疲れやドライアイなどの原因になる。眼科専門医で、みさき眼科クリニック(東京都渋谷区)の石岡みさき院長に、スマホを使い続けると目が疲れてしまうメカニズムや目の疲労を予防するコツなどを聞いた。(本間英士)

                   ◇

 ◆近過ぎて疲れる

 スマホを使い続けると目が疲れる理由について、石岡院長は「基本的にはパソコン使用時のトラブルと同じ」と語る。すなわち、画面に目のピントを合わせ続けること▽まばたきの減少▽ブルーライト-の3つだ。

 スマホとパソコンとで異なるのが「距離」。パソコンの場合、通常45センチ程度の間隔をあけて操作する。しかし、スマホの場合、手に持って操作するため、これより距離を近づけて使う人がほとんどだ。近い場合では15センチ程度で使用している人もいる。

 目の周囲の筋肉は、遠くを見ているときが一番休まる。ところが、スマホは近くで画面を見ることになり、ピントが近過ぎて目の筋肉が疲れてしまう。石岡院長は「40センチは離した方がいい」。

 寝転んで目の前にスマホを持ち上げたり、首を下にガクンと下げて使うなどの「姿勢の悪さ」も、画面に目を近づけ過ぎる原因になるので気をつける。

このニュースの写真

  • スマホ使用時、まばたき意識と適度な距離 眼科医がアドバイス

「ライフ」のランキング