産経ニュース

辞書や辞典の慰安婦「強制」記述の是正を 朝日誤報受け、衆院委で議論 中には「女子挺身隊」との混同も

ライフ ライフ

記事詳細

更新


辞書や辞典の慰安婦「強制」記述の是正を 朝日誤報受け、衆院委で議論 中には「女子挺身隊」との混同も

 一部の国語辞典などに「従軍慰安婦」の項目があり、日本軍による強制と説明していることが議論を呼んでいる。17日の衆院文部科学委員会でも取り上げられ、辞典を使う子供たちへの影響を懸念する声も上がった。下村博文文部科学相は「表現の自由は尊重されるべきだが、(誤った説明を)教育現場に持ち込むことは問題」と話している。

 現在使用されている主な国語辞典の記述では、「広辞苑・第六版」(岩波書店)が「従軍慰安婦」の項目で「日本軍によって将兵の性の対象となることを強いられた女性」と、日本軍による強制性を説明。平成11年発行の「新辞林」(三省堂・品切れ中)でも、軍需工場などに徴用された「女子挺身隊」と慰安婦とを混同して説明している。

 17日の衆院文科委では、元文科政務官の義家弘介(ひろゆき)衆院議員が「辞書や辞典は子供たちが必ず使う教材」と指摘。朝日新聞が8月、慰安婦を強制連行したとする証言が虚偽だったとして関連記事を取り消したことで、軍による強制性などの根拠が崩れたと強調し、「文科省は(学校で使われる)辞典などの記述にも注意すべきだ」と求めた。

 衆院文科委ではこのほか、朝日新聞の記事取り消しを受け、教材などに書かれた慰安婦の説明の是正を求める意見も相次いだ。

 これに対し、岩波書店の担当者は産経新聞の取材に、「時期が来れば学問の進展状況を踏まえ考えていきたい」と将来的な訂正に含みを持たせている。

「ライフ」のランキング