産経ニュース

【書評】『ユダヤ人とクラシック音楽 』本間ひろむ著

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
『ユダヤ人とクラシック音楽 』本間ひろむ著

「ユダヤ人とクラシック音楽」

 政治・経済、科学から芸術までさまざまな分野で活躍するユダヤ人。音楽界でも人材豊富で、存在感は強い。作曲家のシェーンベルク、バイオリニストのメニューイン、指揮者で作曲家のバーンスタイン、ピアニストのホロビッツ、現代音楽をリードする作曲家、スティーブ・ライヒ…。そうそうたる顔ぶれだ。

 「ユダヤ人の成り立ちと民族音楽」「ユダヤ人と現代音楽」などの章立てで、音楽についての新たな視座を提示する。東京音楽学校(現・東京芸大)や世界的な指揮者、佐渡裕ら日本とのつながりを紹介しているのも興味深い。(光文社新書・760円+税)

「ライフ」のランキング