産経ニュース

【比べる×調べる】(68)エアコンのカビ 原因は結露、送風運転で予防

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【比べる×調べる】
(68)エアコンのカビ 原因は結露、送風運転で予防

エアコンから出るカビをエアサンプラーで測定する研究員

 残暑が厳しく、まだエアコンを利用している家庭は多いと思います。エアコン内部は室温との温度差で結露が発生するため、カビが生えやすくなっています。エアコン稼働時に吹き出されるカビは目に見えませんが、どの程度吹き出され、室内に浮遊しているのか検証しました。

 調査は、5年間使用の家庭用エアコンが設置された戸建て住宅のリビングルームで実施。まず、エアコンを稼働せず、室内のカビ数をエアサンプラー(空中浮遊菌の測定機器)で測定したところ、空気1立方メートル当たり120のカビが浮遊していました。エアコンを稼働し、直後のカビ数を測定したところ、同440で、3・7倍に増加。エアコンからカビが吹き出され、浮遊カビが増加したと考えられます。

 この後、ハウスクリーニングの専門業者にエアコン内部を殺菌クリーニングしてもらい、同様にエアコン稼働前と直後で浮遊カビ数を測定。稼働前は同400、稼働後は同340でした。稼働前にカビ数が多いのは、スタッフが動き回ったのが原因とみられます。

 室内のカビ数は人の動きによっても変わるため、数字だけを比べると疑問に思われるかもしれません。ここではクリーニング後、エアコン稼働後のカビ数は稼働前と比べて大きな変化が見られないので、クリーニングでエアコン内部のカビが除菌されたといえます。

 では、カビが生えないようにするにはどうすればいいのでしょう。お勧めは、冷房停止前に送風に切り替え、30分程度運転することです。常温の送風運転で、内部に発生した結露を乾かすことができるためです。カビは水分が少ないほど繁殖しにくくなるため、早く乾燥させることは有効なカビ対策になります。

 長期間使用していないエアコンは内部にカビが大量発生していることがあり、中には呼吸器疾患を引き起こすカビもあります。エアコンを使うシーズン前にクリーニングすることをお勧めします。カビ汚染が著しい場合は素人では限界があるので、信頼できる専門業者に依頼するのも一考です。

 エフシージー総合研究所 環境科学研究室 www.fcg-r.co.jp

「ライフ」のランキング