産経ニュース

【大人の遠足】川に挟まれた街、東京都北区浮間 水害と共存、なごりの土台 

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【大人の遠足】
川に挟まれた街、東京都北区浮間 水害と共存、なごりの土台 

 よく晴れた暑い日の午後、JR埼京線の北赤羽駅で降りる。東京都北区浮間(うきま)。荒川(現・新河岸川)に突き出た浮島のように見え、「うきしま」から浮間に転じたとの説がある。

 商店と居酒屋などがひしめく小ぶりな駅前を通り過ぎ、川へと向かう。川沿いに南西へ進むと壁状の堤防が少しずつ高くなり、4~5メートルになると川は見えなくなる。

 ■たびたび氾濫

 浮間は古来、荒川による水害を受け続けてきた。

 10分ほどして、「浮間の渡船場(とせんば)跡」にたどり着く。渡船場は対岸の現・板橋区小豆沢(あずさわ)とを行き来するため、江戸後期に設けられた。昭和3年、下流に浮間橋ができ、渡船場は姿を消した。今は説明板が人々にその歴史を伝えている。川の流れる音が聞こえ、遠い昔を思い描いてみる。

 北区飛鳥山博物館の学芸員、山口隆太郎さん(52)に聞いた。「『徳川実紀』(江戸時代の史書)では、荒川の氾濫がたびたびあったとある。しかし、この地の人々は結びつきも強かったので、度々の水害にも対処してきた。地元の氷川神社では、川で体をみそいで無病息災を祈願する『まんごり』があったばかりで、水難などから身を守ろうという伝統は続いている」

 そこから北へ。古くからある民家や商店、工場と、新しい高層マンション群が“同居”している街を行く。汗だくになりながら15分ほどで、観音寺にたどり着き、境内でしばし涼をとった。駅で買った500ミリリットル入りペットボトルの水の残りを飲み干した。

 この寺は元和(げんな)元(1615)年、創建。明治43(1910)年の大水害の際、本堂が床上浸水し、たるを2つ並べてその上に本尊を置き、一晩中守ったという逸話が残っている。

 ■土を盛った家

 さらに北へ。埼京線の高架下をくぐり進むと、「水塚の蔵のなごり」に着いた。

「ライフ」のランキング