産経ニュース

【ワインのこころ】シャトー・アンジェリュス2012の21.7金ボトルに込められた意味 青木冨美子

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ワインのこころ】
シャトー・アンジェリュス2012の21.7金ボトルに込められた意味 青木冨美子

 ワインラバー垂涎(すいぜん)の的『シャトー・アンジェリュス』はボルドーの右岸サン・テミリオン地区にあります。10年に1度見直されている格付けで、2012年、晴れてプルミエ・グラン・クリュ・クラッセ“A”に昇格。サン・テミリオンの双璧シュヴァル・ブランとオーゾンヌと肩を並べることになりました。おめでとうございます!

 1782年創業のアンジェリュスにとって“2012年”はサン・テミリオンに居を構えて230年目の記念年です。長い歴史のなかでも7代目のユベール・ド・ブアール・ド・ラフォレスト現当主の過去30年にわたるワインへの取り組み、功績は大きく、その成果が“A”への評価につながりました。

 12年から始めたシャトーの大規模改修も26カ月の歳月をかけて今年完成したことから、12年ビンテージへの特別な思いをボトルでも表現することになりました。

「ライフ」のランキング