産経ニュース

「着衣泳」で水の事故防ごう 海外でも注目「Uitemate(浮いて待て)」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「着衣泳」で水の事故防ごう 海外でも注目「Uitemate(浮いて待て)」

 海水浴や川遊びなど夏のレジャー真っ盛りだが、注意したいのは水の事故。警察庁によると、昨年1年間に水難事故で死亡・行方不明になった人は800人を超える。事故で多いのが、洋服を着た状態で溺れるケース。そんなときは、水に浮いて呼吸を確保し、救助を待つ「着衣泳」が有効という。「Uitemate(浮いて待て)」を合言葉に小学校などでは講習が盛んに行われ、海外にも広がっている。(横山由紀子)

                   ◇

 ◆ラッコのように

 6月下旬、大阪府茨木市の市立春日小学校のプールで、4~6年生を対象にした「着衣泳」の講習会が行われた。児童らはTシャツにズボン、運動靴を履いたままプールの中へ。「水が冷たい」「ズボンが重いよ」…。子供たちは口々に叫んで動きにくそうだ。

 講師は、水難からの生還法を広める水難学会(新潟県長岡市)の指導員。「水に落ちても服や靴は脱がない。浮力になるし、服は体温を保ってくれる。一番のポイントは浮いて待つことだよ」と呼び掛ける。

 同校では、水の事故に遭遇した際の自己対処法として毎年、プール開きのある6月に着衣泳の講習を実施。この日は浮くものにつかまって救助を待つ設定で、空気入りのペットボトルをラッコのように抱えて背浮きする練習をした。

「溺れている人を見かけたら、絶対に飛び込んで助けに行かない」

「ライフ」のランキング