産経ニュース

“秒速8キロ”脅威の速度で飛ぶ「宇宙ごみ」拾いに挑む日本の若者

ライフ ライフ

記事詳細

更新


“秒速8キロ”脅威の速度で飛ぶ「宇宙ごみ」拾いに挑む日本の若者

 岡田さんがスペースデブリ除去事業を思いついたのは今宇宙空間に2万個以上の金属破片が超高速で乱れ飛んでいるという事実を知った時だ。宇宙ごみとは役目を終えた衛星や壊れたロケットの残骸だ。これらの金属片がもしISS(国際宇宙ステーション)に衝突したらISSは一瞬にして破壊され新たな宇宙ごみとなる。

 ではこんな大事な問題を世界の大国はなぜ放っておくのか? それにはいくつかの理由が考えられる。NASAやJAXAのミッションは宇宙開発、つまり前進であり、前進とは直接関係のないごみ掃除には関心が薄い、予算もない。形も大きさも様々な超高速飛行中の金属片を捕まえて除去する技術的な問題、どこが費用を負担するかという経済的な問題…。

 さらに厄介なことは、デブリ除去技術はすなわち稼働中の衛星破壊技術にも通じるので各国とも政治的・軍事的な思惑から手を出しかねている。

 しかし岡田さんは民間だからこそ各国の思惑を乗り越えて実現できると信じている。アストロスケールの戦略はまず2万個のデブリの中でも比較的大きな物にターゲットを絞り、別途打ち上げた衛星からマザーと呼ばれる推進衛星をデブリに接近させ、その後マザーからボーイと呼ばれる子機を発射して目標物に接着させる。そしてその子機の推進力を使って子機もろともデブリを大気圏に突入させ摩擦熱で消却するというものだ。子機が大きな衛星の残骸に抱きつき共に大気圏に飛び込む、言うなれば抱きつき心中である。

大国が躊躇しているチャレンジに日本の若者が挑む

「ライフ」のランキング