産経ニュース

【どうなる理研改革 提言の行方】STAP細胞の疑義と再調査 全容解明「及び腰」と批判

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【どうなる理研改革 提言の行方】
STAP細胞の疑義と再調査 全容解明「及び腰」と批判

 STAP細胞は、ES細胞にはない胎盤への分化能力を持つとされたが、この特徴がTS細胞によってもたらされたとすれば、論文の根幹に関わる問題だ。

 改革委はこれらを「捏造(ねつぞう)を疑わせる重大な疑義」と判断し再調査を要求。理研は著者が論文を撤回する予定であることを理由に拒んできたが、改革委は「不正が見つかりそうになったら、論文を取り下げてしまえばよいと認めることになる」と警告した。

 さらに「責任の所在が明らかになることを恐れているのでは」「問題を矮小(わいしょう)化しようとしているのでは」と厳しく批判。山本一太科学技術担当相も疑惑全体の徹底調査を求めるなど、理研の対応が問われている。

「ライフ」のランキング