産経ニュース

【父の教え】ベンチャーキャピタリスト・原丈人さん 従業員への配慮、会社に返る

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【父の教え】
ベンチャーキャピタリスト・原丈人さん 従業員への配慮、会社に返る

 「暑い中で残業すると、注意が散漫になって機械で指を切り落としたりする人がいる。そうならないようにするのが会社の役割だ。そういうことは会社に返ってくる。不良品が出にくくなって会社の利益率が上がるんだ」と教えられた。

 中学では校則の丸刈りに反対し、ただ一人、髪を伸ばした。信太郎さんは「納得できない校則があるなら、いっそのこと、全部破ってごらん」。個人主義と自由主義は父親譲り。「自分で考えて決めたことを堂々とやり通せるのは父の影響です」。丈人は本名。海外に行っても覚えてもらいやすく、日本人でも通用する名前を、との思いが込められている。(寺田理恵)

 ≪メッセージ≫

 何のこだわりも、分け隔てもなく、世界中で活動できるのは、小さい頃からの教えのおかげです。人々が人生を楽しめる社会づくりに挑戦していきます。

【プロフィル】原信太郎

 はら・のぶたろう 大正8年、東京都生まれ。東京工業大卒。昭和26年、コクヨ入社。製造の自動化などで貢献し、専務、関連会社社長などを歴任。平成3年、原総合知的通信システム基金を設立、理事長に就任し、約400人に奨学金を提供した。原鉄道模型博物館館長も務める。

【プロフィル】原丈人

 はら・じょうじ 昭和27年、大阪府生まれ。慶応大卒。米スタンフォード大大学院で学び、1981年に米国で起業。84年、デフタ・パートナーズ創設。アライアンス・フォーラム財団代表理事として、途上国の栄養改善などにも取り組む。内閣府本府参与。

「ライフ」のランキング