産経ニュース

【話題の本】0歳児でも大人でもにっこり笑う 『だるまさんが』かがくいひろし作

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話題の本】
0歳児でも大人でもにっこり笑う 『だるまさんが』かがくいひろし作

 キャッチコピーは「泣く子も笑う絵本」。愛らしいだるまが伸びたり、しぼんだり、転んだり…。とくにストーリーはないが、コミカルな表情としぐさを見ているだけで、大人もくすりと笑えて、温かい気持ちになる。

 0歳児以上を対象にした赤ちゃん絵本は、世代を超えて読み継がれてきたロングセラーがひしめく激戦区。そんな中、平成20年に刊行され、今年1月には100万部に。『だるまさんの』『だるまさんと』を含めたシリーズ3作累計で265万部を超える定番に育った。「『0歳児でも絵を見てにっこり笑う』と、読み聞かせをするお母さんや保育士さんの間で評判が口コミで広まった。シリーズ3冊セットは贈り物としても好評です」とブロンズ新社広報担当の松谷飛鳥さん。

 21年に膵臓(すいぞう)がんのため54歳の若さで急逝した作者は、特別支援学校で教えた経験がある。「文字を読めない子供も楽しませたい。作者のそんな教員時代からの思いが注ぎ込まれた」(松谷さん)シリーズでもある。(ブロンズ新社・本体850円+税)

 海老沢類

「ライフ」のランキング