産経ニュース

「反転授業」で教育に風穴を 本丸は「官民一体型学校」 佐賀県武雄市・樋渡啓祐市長

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「反転授業」で教育に風穴を 本丸は「官民一体型学校」 佐賀県武雄市・樋渡啓祐市長

 佐賀県武雄市で5月、市立小学校全11校に、タブレット端末を活用した「反転授業」が導入された。反転授業とは「従来の復習重視のスタイルから予習重視に『反転』させた」授業のこと。欧米中心に広まりつつあり、日本では、自治体ぐるみで小学校へ導入する初のケースだ。樋渡啓祐市長(44)は産経新聞の取材に応じ、「学校教育のあり方に風穴を開けたい」と意気込みを語った。(山口暢彦)

 武雄市の反転授業では、児童は1人1台配られたタブレットに取り込んだ教材動画をあらかじめ家庭で見て、予習をすませる。授業では、分からなかったことを話し合ったり教え合ったりして、理解を深めることに主眼を置く。

 予習を重くみない、これまでの授業だと、「1回授業を聞いただけでは、理解できない児童が多い」と樋渡氏。家庭での復習の際は、内容がよく分からないままおさらいしなければならず、「不登校だった僕自身の経験に照らしても、これ以上の苦痛はない」。

 その点、タブレットだと、「あらかじめ繰り返し好きな所を見れる。児童は自信を持って授業にのぞめる」と樋渡氏。児童の授業に対する意欲が高まり、分からない課題や問題を、自ら考え解決できる人材を育てられると考えている。

 タブレットは、11校の全児童2849人に無償配布した。反転授業の対象は3~6年生の算数と4~6年生の理科。保護者らに理解を深めてもらうため、5月30日からは順次、授業の一般公開を始めた。「来春には、中学校にも広げる」計画だという。

「ライフ」のランキング